寝かせ玄米|冷凍保存で賢く便利にする方法

スポンサーリンク
炊き方

玄米は白米と比べると、ミネラルや食物繊維、ビタミンB1が豊富に含まれており、健康の為に玄米を食べる人もいます。

 

そして、近年は寝かせ玄米というものが人気です。

 

今回は、寝かせ玄米の冷凍保存について解説します。

スポンサーリンク

寝かせ玄米とは?

寝かせ玄米は、酵素玄米とも呼ばれており、玄米と小豆と塩を一緒に炊いて、3日間ほど炊飯器の保温モードで寝かせたご飯のことをいいます。

 

初めて寝かせ玄米や酵素玄米と聞くと、このような米があるのか?と勘違いするかもしれませんが、調理済みのご飯のことなので、お間違いなく。

寝かせ玄米の効果

寝かせ玄米にすると、旨味が出て食感が良くなる特徴があります。

 

そして、玄米の酵素でアミノ酸の一種GABA(ギャバ)が増加するんです。

 

GABAには

  • 抗ストレス作用
  • 代謝促進
  • 血圧の上昇を抑制
  • 肝臓の働きを高める

このような効果があります。

 

 

また、玄米にはデトックス効果があり、便秘の解消やダイエットにも役立ちます。

 

玄米の食物繊維には、腸内環境を整える働きがあり、肌の状態を整えますから美容に良い影響を与えるんです。

 

寝かせ玄米は美味しいので、沢山食べてしまいがちですが、食べ過ぎは太る原因になるので注意しましょう。

 

寝かせ玄米の冷凍方法

寝かせ玄米を沢山炊くと、全部食べ切れないことがあります。

 

余ったものを捨てるのはもったいないので、冷凍保存してしまいましょう。

また、冷蔵では酵素が増えて発酵し過ぎることもあるので注意が必要です。

 

冷凍することによって、酵素の活動は一時的に休止しまいますが、常温に戻ると活動を再開します。

 

冷凍保存する場合には、完全に密封出来るものに入れて保存してください。

 

おすすめは耐熱性があるタッパーです。

寝かせ玄米の解凍方法

冷凍したままでは食べられませんから、食べる際には解凍しなければいけません。

 

普通の白米を冷凍したものを食べる時には、レンジで解凍して食べます。

 

しかし、寝かせ玄米をレンジで加熱すると、レンジの電磁波によって酵素が死滅してしまうんです。

 

これでは時間をかけて作った意味がなくなります。

湯煎で解凍

湯煎での解凍方法は、容器ごとお湯に入れて熱します。

容器は湯煎に耐えられるものが必要ですから、先に紹介したように耐熱性のタッパーで冷凍保存しておくのが効率的なんです。

 

炊飯器で解凍

炊飯器で解凍するには、食べる2~3時間くらい前に炊飯器を保温にして、その中に寝かせ玄米を入れておくだけです。

解凍出来ていたら、混ぜてから食べてください。