米油の使い道・使い方!いつもより美味しくなる米油を使ったレシピ

スポンサーリンク
米の豆知識

買ったはいいけど眠ってしまっている米油はありませんか?

 

オメガ3系脂肪酸やビタミン、ポリフェノールなどの栄養素がたっぷりの米油。使わなきゃもったいないです!

 

米油の魅力は知っているけど使い方がイマイチよく分からない…、料理が美味しくなるレシピを知りたい!そんな方のために、今回は米油の使い方からいつもの料理がもっと美味しくなる米油レシピを詳しくご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

ドレッシング代わりに使う

マヨネーズや市販のドレッシングの代わりに米油を使ってみてはいかがですか?

 

お米の力を手軽に摂り入れることができ、火を使わないので米油のまろやかさをそのまま楽しむことができます。

 

米油の和風ドレッシング

【材料】

米油大さじ1

めんつゆ大さじ1

酢大さじ1

【作り方】

全ての材料を混ぜるだけで完成です!

 

米油でお菓子も作れちゃう?子供も喜ぶ米油スイーツ

米油は油なので、バターの代わりに使い、お菓子を作ることもできます。

 

米油クッキー

【材料】

米油50g

薄力粉180g

卵1個

砂糖20g

【作り方】

  • 米油と砂糖をよく混ぜ合わせる
  • 溶いた卵を①に少しづつまぜなじませていく
  • ②に薄力粉を入れ、まとまるまでこねる
  • 綿棒で2~3ミリくらいに伸ばし、190度のオーブンで焼き色がつくまで焼く

身体に良い米油を使っているので、お子様のオヤツにもぴったりだと思います。

 

ご飯を炊く直前に米油を混ぜる

これは結構以外だっだのですが、ご飯を炊く前に米油を大さじ1杯程度入れることで、ふっくらとした炊きあがりになるそうです。

 

油を入れるので、ご飯がツヤツヤになり旨味もアップ。熱に強い米油だからこそできる使い方ですね。

 

米油の炊き込みご飯

【材料】

お米2号

しいたけ3個

にんじん2/3本

油揚げ1枚

醤油大さじ1

米油大さじ1

白だし大さじ1

みりん大さじ2

 

【作り方】

  • しいたけとにんじんと油揚げをそれぞれ細切りにする
  • お米を研いで、炊飯器に入れ、調味料もすべて入れる。
  • 水を2合のところまで入れて炊飯する

 

酸化しにくい米油は揚げ物に最適

米油には抗酸化物質であるビタミンEがたっぷり含まれています。

 

身体に良いとされる油のエゴマ油や亜麻仁油は熱に弱いという弱点があり、そのため熱を加える料理には不向きです。

 

しかし米油は熱に強く揚げ物にも最適な油です。サラダ油を使うより、サクサクの揚げ物になるそうですよ!ビタミンEの抗酸化作用でサラダ油より酸化が遅いので、何度も繰り返し使うことが可能なんです。

 

いかがでしたでしょうか?米油は色々な料理で活躍してくれる万能オイルですよね。美容や健康のために毎日続けて米油を摂ることがおすすめです。