米油でオメガ3系脂肪酸が摂れる|知って得する健康効果

スポンサーリンク
米の豆知識

 

油と聞くと「太る」、「身体に悪い」というイメージがありますよね。

 

たしかに脂質はカロリーも高く、摂りすぎると肥満や生活習慣病の発症リスクが高まると言われています。

 

しかし、油でも積極的に摂りたい脂質があります。それはオメガ3系脂肪酸と呼ばれる脂質です。

 

オメガ3系脂肪酸とはどんなものなのか?手軽に必要量を摂るにはどうすればいいのか?調べてみたので説明したいと思います。

 

スポンサーリンク

脂質は大きく分けて2種類

脂質は大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分けられます。

 

飽和脂肪酸とは、いわゆる動物性脂質のことで、常温で固体のものです。肉やバター、乳製品が挙げられます。

 

不飽和脂肪酸とは植物性脂質のことで、常温で液体のもので、魚や植物由来の油のことです。

 

オメガ3系脂肪酸は、不飽和脂肪酸の仲間

魚や植物の脂質である不飽和脂肪酸は、さらに細かく分けると「n-3系脂肪酸」、「n-6系脂肪酸」、「一価不飽和脂肪酸」の3つに分類されます。

 

この中のn-3系脂肪酸は、オメガ3系脂肪酸と呼ばれ、体内で作ることができない必須脂肪酸。そのため、身体の外から積極的に摂り入れることが大切です。

 

オメガ3系脂肪酸はどんな油のこと?

オメガ3系脂肪酸は代表的なものでα-リノレン酸があります。青魚に含まれるEPAやDHA、亜麻仁油、エゴマ油もオメガ3系脂肪酸です。

 

オメガ3系脂肪酸の効能としては、中性脂肪の抑制、血流を整えたり腸内環境を整える働きがあります。身体の不調を整えてくれるほか、抗酸化作用で肌ダメージもケアしてくれる優秀な栄養素です。

 

「米油」でオメガ3系脂肪酸を無理なく摂取

身体が喜ぶ油であるオメガ3系脂肪酸。効率よく手軽に摂取するためには、米油がおすすめです。

 

米油とは玄米を白米に精米するときにでる米ぬかからできた良質な油で、エゴマ油や亜麻仁油のようにオメガ3系脂肪酸や以下のような栄養素を含んでいます。

 

・スーパービタミンE、トコトリエノール(抗酸化作用が強いビタミン)

・食物繊維

・ポリフェノール

・γ-オリザノール(ポリフェノールの一種)

 

米油は飲む美容液といってもいいくらい様々な栄養素を含まれているんですね。

 

目安の摂取量としては一日大さじ1杯程度がおすすめ。ドレッシングやご飯を炊くときに大さじ1杯の米油を炊くと、ふっくらして美味しく仕上がります。

 

現代人に不足しがちなオメガ3系脂肪酸は、積極的に摂りたい栄養素。みなさんも米油を使って上手に摂り入れてみてくださいね。