お米に虫が…!どこから来るの?卵や虫除けの対策方法

スポンサーリンク
米の豆知識

 

普段、お米はどのように保管していますか?米びつで保管しているという家庭も多いのではないでしょうか。

 

お米を炊こうと米びつを除いたら虫がわいている…!なんてこともありますよね。今回は米びつに虫がわく理由や予防策などを調査してみました。

 

スポンサーリンク

なぜ米びつに虫がわくの?

今まで何もいなかったのに、ある日突然現れる米びつの虫。どこから入ったの?と思いますよね。しかし、米びつの中にわく虫は実は外からやってきた虫ではないんです。

 

理由の一つとして、稲の段階で米の内部に卵を産み付ける虫の存在。コクゾウムシ(別名:米食い虫)と呼ばれる害虫です。

 

米の中に卵を産み付けるため見つけにくく、精米しても除去が難しいやっかいな虫。卵から幼虫になっても見つけづらく、成虫になった段階で米びつから発見されるということです。

そもそも米虫の卵ってどんなもの?

米虫(コクゾウムシ、メイガ)の卵は白色でとても小さいです。そのため、お米の中から発見するのはとても難しいといえるでしょう。

 

もし虫を見つけてしまったら?

米びつの中にコクゾウムシを見つけたら、お米を全部捨てなくては…と思ってしまいますよね、でもちょっと待ってください。

 

コクゾウムシの特徴や性質を知ったうえで、除去する方法がありますので、こちらを参考にしてみてください。

光に反応し、逃げていく

コクゾウムシは光が嫌いです。お天気の良い日にレジャーシートや新聞紙を使ってお米を広げ、日光浴させてください。

 

そうするとコクゾウムシが太陽の光に反応し、全て逃げていきますよ。直射日光でなくても大丈夫なので、明るい場所で行えばOKです。

 

水に浮かせて取り除く

コクゾウムシは幼虫でも水に浮かんできます。ゆっくりお米を研ぐと浮いてくるので、見つけながら除去していきます。

 

この方法は米びつの中のお米をすべてというのは難しいので、食べる分だけ除去するのに向いています。

 

今すぐできる予防策

見つけたコクゾウムシを除去する方法は分かったけれど、できれば前もって予防したいですえよね。

 

コクゾウムシは、最初からお米についている虫ですが、保管状態が悪いお米に付着する傾向があります。

 

お店で購入するお米は、徹底した防虫管理がされている場合が多く、虫やゴミ、石なども異物除去装置で取り除いているので付着の可能性は低いかもしれません。

 

その他には以下のような予防方法がありました。

 

鷹の爪を米びつに入れておく

唐辛子のカプサイシンは虫にとって忌避剤の役目を果たします。

 

鷹の爪の代わりにワサビでも同じような効果があるそうです。

小分けにして冷凍する

コクゾウムシは寒さに弱い虫です。15℃以下では活動できず孵化もしません。

 

ちなみに米虫は万が一食べてしまっても害はありません。

 

病原菌のない虫なので安心してください。元々お米についていた米虫は仕方がないですが、米びつの中で虫を発生させないようにすることも大切です。