朝ごはんを、がっつり食べても太らない?ダイエットのポイントは?

スポンサーリンク
ごはん

 

朝ごはんは、1日のカロリーバランスを保つ上で大切な食事です。

しかし、朝食をいっぱい食べてしまうとカロリー過多になることもあります。

 

ここでは、しっかり朝ごはんを食べてダイエットする際のポイントなどを紹介します。

スポンサーリンク

朝ごはんとダイエット

朝ごはんを食べない人は太りやすいという研究結果があります。

 

この結果には様々な要因がありますが、一つには、エネルギー消費が関係しています。

 

私たちの体は、睡眠中に体温を下げ、エネルギー代謝を節約しています。

 

体には体内時計が備わっており、朝ごはんを食べることで体内時計が整っていきます。

 

体内時計が整うと、体のリズムも正しく調整され、睡眠の質が上がり、基礎代謝も上がり痩せやすい体になっていきます。

 

逆に、朝食を抜き、夜遅く飲食をすると体内時計が狂ってしまい、基礎代謝の低下を招いてしまうことになります。

 

また、人間の体のしくみとして、飢餓状態になると自然にカロリーを溜め込むように働きます。

 

朝ごはんを抜くと、次に入ってきた食べ物を貯蓄するようになり、その結果、脂肪を溜め込みやすくなります。さらに、私たちの体は食べ物による糖分が不足すると、筋肉を分解してエネルギーに変えていきます。筋肉量が減ることは、基礎代謝の低下に繋がり、太りやすくなります。

 

朝ごはんをしっかり食べて、適度な運動をすることで筋肉量を増やし、基礎代謝が上がり痩せやすい体になります。

大切なのは食事のバランス

朝ごはんはダイエットと密接な関わりがありますが、食べ過ぎて摂取カロリーが多くなってしまうこともあります。

 

朝ごはんのカロリーは、日中の活動でほとんど消費されますが、限度があります。朝にたくさん食べると、昼も夜もたくさん食べてしまいがちです。

 

ダイエットは、摂取したカロリーと消費するカロリーがポイントになるので、大量にカロリーを摂取すると太ってしまいます。

 

朝ごはんはいくら食べても太らないと過信するのは、大きな誤解です。

太りにくい朝食メニュー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝ごはんをバランス良く食べることで、日中の活動に必要なエネルギーを補給することができ、1日の活動効率が上がっていきます。

 

朝ごはんは、糖質とタンパク質をバランスよく補うことが大切です。

 

その点、和食は太りにくい朝食メニューと言うことができます。

 

お米はよく噛むことで満腹感が得られやすく、また脂肪の吸収を抑えてくれます。

 

ご飯、納豆、みそ汁、卵焼き、漬物、フルーツなどの和食は、栄養バランスも大変良く、摂取量が少なくても十分な栄養素を得ることができます。

 

また、手軽に調理ができるパンやシリアルは、忙しい方に多く選ばれています。

 

しかし、満腹感が得られにくいため、ついつい摂取量が多くなってしまいます。

 

そのため、パンは噛み応えのあるパンを選び、シリアルもナッツやドライフルーツが入ったもの選ぶことです。それらを、何度も咀嚼することで満腹中枢を刺激し、満足感を得やすくなります。

 

また、パンやシリアルは、調理の際に油を多く使ってしまい、カロリー摂取が多くなってしまうので注意が必要です。